大会

研究発表の募集要項

2020年(第3回)研究大会 発表者募集

 今年度の研究大会は、11月28日(土)~29日(日)に、立命館大学衣笠キャンパスにて開催予定でしたが、新型コロナウイルス対応の現状に鑑み、その感染予防の観点から移動と密集を避け、特定の会場を設定せず、オンライン形式(Zoom)による開催といたします。
 したがって、発表を希望される場合は、次の設備が必須です。
 ・Webカメラ・マイク・スピーカーが接続または内蔵されたパソコン
 ・パソコンがブロードバンドのネット環境に接続されたもの
 ・パソコンにZoomソフトがインストールされていること。

 下記の発表規程により、発表者を募集いたします。
 応募締切:9月30日(水)

 なお、大会のスケジュールは当初の予定通り11月28日(土)から29日(日)にかけてとし、発表数によって、両日ないしは土日いずれかの1日の開催とします。
具体的なプログラムについては、追ってホームページにて告知いたします。

 また、聴講の申込みと方法については、10月中旬頃お知らせいたします。しばらくお待ちください。

 2020年9月1日

 日本漢字学会会長 阿辻 哲次

日本漢字学会 第3回研究大会発表規程

1.応募資格

・発表者は本学会の正会員に限ります。共同発表の場合は、筆頭発表者(代表者)が正会員であることを条件とします。
・発表の応募までに入会手続を完了させて下さい。入会手続きと並行して発表に応募することはできません。(なお当会ウェブページ上から入会する場合は、即時入会が可能です。)
・一人の正会員が筆頭発表者となることのできる発表は1件のみに限ります(共同発表の第二発表者以下に名を連ねることはできます)。

2.発表内容

・応募する研究発表はオリジナルのもので、かつ未発表のものに限ります。他学会・雑誌などで既発表や審査中のもの、および別の組織で発表を予定しているものを申し込むことはできません。
・商業目的ないしそれに類する発表をすることはできません。

3.発表の形態

・研究発表の形態は、口頭発表のみとします。
〈発表方法〉
Zoomを使用し,発表者本人によるリアルタイムの口頭での発表・質疑応答を行います。発表者は,画面共有により資料掲示を行うことができます。画面共有による資料掲示,音声配信は,各発表者のPCから行うものとします。
*代理人によって口頭発表の事前の録画を流すことは認めません。
*予稿集の内容から大幅に変更のある資料掲示は認めません。
〈発表時間〉
・発表時間は20分、質疑応答は20分とします。

4.応募方法

・応募には本ページ下部のテンプレートをご利用下さい。エクセル形式、ワード形式があります。どちらか一方の形式を選択して下さい。)※PDF形式に出力してからお送り下さっても構いません。
・応募は、日本漢字学会ウェブサイト上の会員マイページから行ってください。
・会員マイページの「研究発表申込」のページに、入力フォームとテンプレート添付用のファイルアップロードのボタンがありますので、以下に従って記入し、テンプレートを添付のうえ、送信して下さい。

 ◇発表の種類:「口頭発表」を明記。
 ◇発表概要:800字以内で発表の概要を記入。※こちらは審査用の要旨ではありませんので、簡略なもので結構です。
 ◇ファイルアップロード:記入済みのテンプレートのファイルを選択し、送信して下さい。
  ※1回の送信で添付できるファイルは1つです。テンプレート以外の詳細な発表データを送りたい場合には、もう一度、入力フォームでの送信をお願いします。サイズが3MBを超える場合、当該ページの注記に従ってファイル転送サービスを利用し、入力フォームの「論文概要欄」にURLを記載して下さい。

・テンプレートを利用しない場合は、A4判二枚に下記の事項を記入してお送り下さい。

【口頭発表の場合】
〈1枚目〉
 1.発表形態(「口頭発表」と明記)
 2.発表題目
3.発表者氏名・ふりがな(共同発表の場合は、発表者全員)
 4.発表者の所属・職位(共同発表の場合は、発表者全員)
 5.連絡先住所(共同発表の場合は、代表者のみ)
 6.電話番号(共同発表の場合は、代表者のみ)
 7.メールアドレス(共同発表の場合は、代表者のみ)
〈2枚目〉
 1.発表形態(「口頭発表」と明記)
 2.発表題目
 3.発表要旨(800字以内)


5.発表申請に対する採否の決定

・発表の採否は研究大会運営委員会(今大会は理事会)で審査し、決定します。
・採否はメールで学会事務局から通知します。
・採否の理由についての質問にはお答えしかねますので、ご了承ください。

6.予稿集の原稿

・発表が採択された場合、予稿集の原稿について別途連絡いたします。
・予稿集の原稿についての詳細は、別に定めます。

7.注意事項

・発表の採択から研究大会までの間に発表題目を変更することはできません。
・共同発表の場合、発表採択後に発表の構成員を変更することを禁じます。また、筆頭発表者を別の構成員に交代することはできません。



戻る

Japan Society for Cultural studies of Chinese Characters,JSCCC. AllRights Reserved.